定義如来奉賛会主催

 定義如来夏まつり

   平成30年8月4日(第1土曜)

みこし渡御

みこし渡御安全祈願法要

9時より、定義如来西方寺本堂前にてみこし渡御の安全祈願が行われました。

みこし渡御参加者

みこしを担ぐのは、大倉小学校児童、定義如来西方寺仏教青年会、定義町内会親友会、有志参加者です。
約4時間かけて大倉地域の各町内会を回ってきます。

平貞能公遠忌法要

震災回向

定義如来夏まつりは、定義如来西方寺の開祖ともいうべき平貞能公への報恩感謝という趣旨がございます。
今年は、昨年の夏祭り以降震災回向申込みのあった1000名以上の名前を読み上げ御供養を致しました。

遠忌法要行列2

お練り行列は、宮城雅楽会が奏でる雅楽の音色に合わせて、厳かな行列でした。

遠忌法要行列2

山門から新本堂まで、奉賛会、稚児、法要随喜寺院、御輿と並んで進みました。

稚児

法要の中で、稚児役をつとめられたお子様一人ひとりに、健やかに育ちますようにと作法を行いました。、

奉納演芸

報恩感謝を込めて披露!

舞踊

今回は14団体21プログラムの演芸が奉納奉納されました。にわか雨もありましたが、全プログラム披露され、常に拍手喝采でした。

大倉小学校児童による定義太鼓

定義太鼓は、大倉小学校児童の部、社会人有志の部と2つ披露されました。
大倉小学校児童の部では、夏休み中に猛特訓した1年生も出演し、観客席に大きな感動をあたえました。




大倉役人田植え踊り

今年は、新本堂前に観覧席を設定しました。
境内は、たくさんの人で埋め尽くされました。


歌謡ショー

プロによる歌謡ショータイム。
プロによる歌謡ショーや地元出身庄司恵子さんの歌などを披露して頂き多いに盛り上がりました。


大倉役人田植え踊り

今年の奉納花火は、多生霧がかかり昨年ほどきれいな花火とはなりませんでした。





LinkIcon